QRコード
QRCODE
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
林 幸生

2018年11月09日

途上国で大手ゼネコン中心に事業

途上国で大手ゼネコン中心に事業化。CDM(クリーン開発メカニズム)は、温室効果ガスの排出削減を目的に1997年12月に採択された京都議定轡で新たに規定された。排出削減の数値目標を課せられた先進国の目標達成を実現させる方策の1つとして導入された仕組みで、数値目標規制が課せられていない開発途上国で温室効果ガスの削減プロジェクトを実施し、その削減分の一部を排出権(排出削減クレジット)の形で購入する。最終的に先進国の政府などが取得して自国の削減分として見なせるようにしている。https://comedyresearchproject.com/environment/greenhouse-effect/

Posted by 林 幸生 at 17:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。